小児歯科

20歳まで虫歯を予防できると、一生で虫歯になるリスクが飛躍的に低下すると言われています。


しかし小児期は、子供のはから大人の歯へと歯が生え代わり、食習慣にも大きく変化があります。

小児の時から適した予防をすることで、大人になってからも虫歯ゼロを維持することができます。

​頑張って80歳までに20本の歯を残しましょう。

歯医者さんは怖くない

小児歯科は乳歯(子供の歯)が生え始めたら受診することが出来ます。

虫歯などの治療が必要になってから来院すると、「歯を削られた」、「痛かった」という体験から、歯医者さんは嫌なところというイメージができ、足が遠のいてしまうことが多いです。

 

是非ともお子様が小さい時期は虫歯予防を兼ねて小児歯科を受診してください。

 

虫歯のチェックだけでなく歯の磨き方なども指導致します。

​当院では、「歯医者さんは怖い、痛い」というイメージができないよう、楽しく診察することを心掛けております。

Dental health examination.jpg