インプラント

不幸にして歯を失ってしまった場合、入れ歯、ブリッジ、インプラントと大きく分けて3種類の治療方法があり、患者様のご希望の合わせてお選びいただきます。

 

中でもインプラント治療は画期的な治療法でありますが、外科的な処置を伴うため高度な専門技術を要し、リスクも存在します。

当インプラントセンターでは、患者様お一人お一人の疑問や不安を受け止めるだけでなく、リスクについてもしっかりとご説明し、安心して治療に取り組んでいただける環境を整えております。

治療後はできる限りインプラントを長持ちさせるための予防プログラムを準備しております。

ブリッジ、入れ歯、インプラント

患者様がご自身で最適な治療方法をお調べになる中で、インプラントのメリット、デメリットを十分理解されることが重要と考えております。

 

多くの歯科医師は、患者様のお口の健康を守りたいと考えいくつもの治療方法を学びます。

出来るだけ痛くない治療を提供したい。

 

出来るだけ歯を抜かなくて良い治療を提供したい。

 

歯科医院の数だけそれぞれの想いがあります。

 

当院では健康な歯を出来るだけ残したいという思いからインプラント治療を行っております。

 

インプラント治療は他の健康な歯にダメージを与えずに治療が行えるため、他の歯を守ることに繋がります。

 

ただし、患者様が毎日歯磨きをされるように、インプラント治療後は定期的にメインテナンスが必要となります。

 

そのため、インプラントをご希望される患者様には、治療後もご自身の他の歯と同じようにインプラントの歯も大切にしていただくことをお願いしております。

動画にある通り、インプラント治療の最大のメリットは、残っている健康な天然歯にダメージを与えずに噛めるようになり、見た目が天然歯と同様に見えることです。

最近では患者様の理解の高まりにより、天然歯を削って装着するブリッジや、金属を用いた入れ歯に代わり、インプラント治療を選択されるケースが増えております。

ブリッジ.jpg
implant_02.jpg
部分入れ歯.jpg
implant_03.jpg
入れ歯.jpg
implant_04.jpg
インプラント治療の流れ

インプラント治療には外科的な処置が必要になります。

歯科用CTによる検査を実施し、

 

インプラントを埋める部分に十分な骨の高さや幅が確保できているか?

神経や血管の走行に問題がないか?​

歯周病、糖尿病、喫煙習慣などリスクはないか?

こうした​十分な検査と緻密な治療計画により実施致します。

他院でインプラント治療を
断わられてしまった患者様

術前の検査によって、インプラントを埋める部分に十分な骨の高さや幅が確保できない場合、一般的にインプラント治療を施すことは難しいです。

当院ではそうした骨の量が不十分な場合でも、CTによる高精細な診断と、骨再生という技術により、インプラント治療が可能となる場合があります。

​他院でインプラントをできないと診断を受けた患者様でも諦めずにお問い合わせください。

​インプラント治療のメリットデメリット

インプラント治療の最大のデメリットは、

 

①侵襲(外科的な処置)を伴うこと、

②患者様ご自身で着脱ができないため定期的な通院による清掃が必要となること、

 

③保険適用外のため高額な治療費となること、

 

この3点が挙げられます。

当院ではそうしたデメリットを軽減すべく、出来るだけ侵襲を少なくした手術システム、インプラント治療後の定期検診と予防を組み合わせたプログラム、幅広いお支払い方法の選択などを準備しております。

医療費控除につきましてもご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

​インプラント治療の参考価格

インプラント治療にかかる費用(税別表示)

検査費用

2万円/片顎(税別)

手術費用

25万円/本(税別)

歯冠部製作費用(色合い、材質、部位により変動します)

ジルコニア 10万円/歯(税別)

メタルボンド 8万円/歯(税別)

※以下オプションは使用する材料の質や量により変動します。

該当する場合は別途お見積もり致します。

ガイデッドサージェリー

骨再生(GBR)

骨再生(サイナスリフト)

インプラントオーバーデンチャー(インプラント義歯)

​再生療法